ニューノーマル時代の多様な住環境へのこだわりに 「AQURA PRIME(アキュラプライム)」が始動 社内達人チームが世界のトップと連携してプロデュース 富裕層住宅から一般住宅まで最高の提案を適正価格で実現


木造注文住宅を手がける株式会社アキュラホームグループ(本社:東京都新宿区、社長:宮沢俊哉)は、これまで40年以上培ってきた技術力、ネットワークを集結したプロジェクト「AQURA PRIME(アキュラプライム)」を、2021年5月14日より始動します。これまでのノウハウを集約した社内の達人チームが、お客様のこだわりの家づくりに加わる他、世界で活躍するトップ集団とも連携し、個人邸をプロデュースします。これまで以上にお客様のあらゆる要望に応える未来の住まいづくりを提供可能とします。

■住宅メーカーの課題と向き合い、本来の注文住宅のあり方を追求
かねてからの業界課題として、注文住宅とうたってはいても、お客様のこだわりが叶いにくいケースがあることが挙げられます。たとえば工務店は自社の強みの商品に特化するケースが多く、その範囲を超えるこだわりには対応しにくいことがあります。建築設計事務所も得意・不得意分野があり、またこだわりを追求するあまり、建築費が高額になるケースも見受けられます。またハウスメーカーでは企画型商品が多く、効率重視や、アフターケアの問題などから、その企画を超えるものは扱わないメーカーもあります。また、こうしたこだわりのニーズは、内容によっては担当者の知見による個人差も大きく、住まいづくりのこだわりが実現できるかどうかには多くのハードルが存在していました。一方で、コロナ禍でテレワークや外出自粛など、これまで以上に住まいに対するこだわりが強くなり、多様化してきています。ニューノーマルな時代に、急速に変化する顧客ニーズにもこたえるべく、新規プロジェクト「AQURA PRIME」を始動します。

■多くの知見を取り入れた最高の提案を適正価格で 「AQURA PRIME(アキュラプライム)」始動
アキュラホームグループでは10年以上前から構造、耐震性、耐風性などのハード面から住まい方のソフト面まで、大学教授など学識者との開発、実験や研究を続けています。また「AQ RESIDENCE(AQレジデンス)」など長年にわたり高額価格帯住宅のノウハウや知見を集約してきました。並行して、社内で専門性の高い社員が全国のお客様へご提案を開始する活動もスタートし、担当者だけではなくチームとしてそのニーズに応えていく体制を整えています。今回、これまで行ってきたこれらの活動を、「AQURA PRIME」としてまとめお客様に社内で総合的にご提案する仕組みを構築しました。社内の知見を活用することでアキュラホームグループの理念である「適正価格」で一般住宅でもこだわりを実現できます。
アキュラホームグループの全国拠点ならびに工務店ネットワーク「SABM(※)」は、「AQURA PRIME」により、ペットと共生できる特別な住まいから、特殊建築物(地下フロアなど)の構造計画の実現、照明、音響など、こだわりたい箇所全てを、社内の達人チームや学識者による部組織とも連携することで、最高の提案を実現します。また、海外ブランド設備やグッドデザイン賞や国内外で活躍する建築家、ライティ ングデザイナー、世界で活躍する和紙作家、左官職人など、つくり手を含めてオーダーメイドで発注できるのも特徴です。

ESG経営を実践するアキュラホームグループでは、この取り組みを通して、業界における課題解消を目指すとともに、社会的な住まいにおける顧客満足度の向上に寄与してまいります。

① 社内の知見を集約した「達人チーム」により、こだわりの住まいを実現。
② 全国どこでも、また担当者の知見やスキルによらず、適正価格で実現が可能。
③ 社内のみでなく一流建築家、学識者のサポートも。
④ 世界で活躍する匠職人の方々とのコラボによるプロデュース・施工が可能。

(※)SABM(スマートアライアンスビルダー):アキュラホームグループのインフラを活用し、志高い地域の工務店を次世代ビルダーへと導く集団として組織化。優良な工務店(地域ビルダー)との連携。

<本件について報道関係からのお問い合わせ先>
株式会社アキュラホーム 広報課 西口(携帯:080-8483-6963)・梶田・新倉
住所:東京都新宿区西新宿 2-6-1 新宿住友ビル 34F
TEL : 03-6302-5010 (直通) FAX : 03-5909-5570 Email:aqura_pr@aqura.co.jp