地球環境改善に貢献するアキュラホームグループ 世界的クリエイティブの祭典「rooms41」に出展 木のストローやエシカルアイテムで「地球の森守りプロジェクト」を発信

木造注文住宅を手がける株式会社アキュラホーム(本社:東京都新宿区、社長:宮沢俊哉)は、2020年10月15日(木)~17日(土)に新宿住友ビル三角広場で開催された日本最大級の世界的クリエイティブの祭典「rooms41」のエシカルエリアで、第29回地球環境大賞農林水産大臣賞受賞のカンナ削りの“木のストロー“をブース出展しました。期間中は、カンナ削り体験、木のストローの手づくり体験の他、組子、和紙など、ものづくりの匠によるエシカルアイテムの展示。また、10 月 16 日に出版された書籍「木のストロー」(扶桑社)を紹介するなど、木の活用を通して地球環境に貢献する「地球の森守りプロジェクト」を発信しました。

木造住宅会社が世界的クリエイティブな祭典に出展した理由
今回出展した「rooms41」は、アッシュ・ぺー・フランス株式会社がクリエイティブシーンの活性化を目的に 2000年にスタートさせた、ファッション・ライフスタイル・アート・パフォーマンス・飲食など、あらゆるジャンルからこれまでのべ1万組以上のクリエイターが参加してきた日本最大級のクリエイティブの祭典です。近年は環境に対して最前線で取り組む企業や団体を集めた「エシカルエリア」が注目を集めています。環境省が“プラスチックとの賢い付き合い方“を進め、広める「Plastics Smart(プラスチック・スマート)」に関するブースを出展するなど、国も注目し、参加するイベントです。“カンナ削りの木のストロー”は日本の匠の技である“カンナ削り”により生まれる削り華(木を削った際に出る木屑)を巻き上げてつくるストローで、世界初開発・量産化に成功。今回アキュラホームは、環境貢献企業としてその象徴である木のストローを認知・普及させるべく「rooms41」に出展しました。

アキュラホームならではの環境貢献活動に多数の方々が興味・関心
出展期間中には、日本の匠の技である“カンナ削り”を社長である宮沢本人が実演し、多くの方々にカンナ削りを体験いただきました。ブース内には、 “カンナ削り”から着想し、開発した「木のストロー」(第29回地球環境大賞農林水産大臣賞受賞)を展示したほか、開発の裏側を描いたドキュメンタリー書籍「木のストロー」を紹介。実際にストローを作るワークショップや、木のストローキット、組子、和紙など、ものづくりの匠によるエシカルグッズの展示も行いました。環境貢献と減災意識を高めて地球の明るい未来の実現を世界中に広めるため、9月にスタートした「地球の森守りプロジェクト」を発信。アキュラホームならではの地球環境改善に向けた取り組みに関心を持っていただきました。
<本件について報道関係からのお問い合わせ先>
株式会社アキュラホーム 広報課 堀越・西口 (堀越携帯:090-7843-6574/西口携帯:080-8483-6963)
TEL :03-6302-5010 FAX :03-5909-5570 Email:aqura_pr@aqura.co.jp
●写真データは下記よりダウンロードすることができます。
http://www.aqura.co.jp/news.html

カンナ削りの“木のストロー”をさらに普及していくために
アキュラホームは木造住宅を手掛ける上、木を活かす・守る活動の一環として、環境問題化している廃プラにも貢献可能である木のストロー開発に着手。日本の匠の技である“カンナ削り”により生まれる削り華(けずりばな:木を削った際に出る木屑)で名刺や辞令を作成していた経験を生かし、その削り華を巻き上げてつくる木のストローを製作し、世界で初めて開発・量産化に成功しました。
そして、環境に優しい“木のストロー”をさらに普及していくために、木のストロー、木のストローの手づくりキットの販売を開始するとともに、共に環境保全活動を行う“エシカルパートナー”の募集も行っています。

1. 木のストロー4本セット
価格:1,500 円(税込)

2. 手づくりキット(10 本)
価格:1,800 円(税込)

3. 手づくりキット(30 本)
価格:3,800 円(税込)

木のストローを使うだけではなく、間伐材等を薄くスライスした材料を丸めて自ら手づくりすることで、森の問題や、プラスチックごみ問題、SDGs についてより深く考えることができると多くの反響を受け、手づくりキットが誕生しました。この手づくりキットは小学校の授業などでも採用していただいています。

4. 書籍「木のストロー」 価格:1,540 円(税込)
木のストローは、2019年に開催されたG20の全ての会合で採用されたほか、グッドデザイン賞、地球環境大賞など、数々の賞を受賞。大きな注目を集め、環境に貢献できるアイテムとしてホテルや空港での導入も実現しています。そして、この度アキュラホームが木のストローの開発から普及に至るまで、さらには現在までの木のストローをとりまく様々な物語を描いた本が扶桑社より出版されました。
主人公は著者である、広報担当の女子社員。建築やものづくりに縁の遠い、環境問題もド素人の本社勤務女子社員が、間伐材再利用と廃プラ問題解決のため、世界初木のストローの開発に立ち上がりました。社内の反発、失敗続きの試作品、記者会見当日の大トラブルを乗り越え、木のストローが生まれるまでの成功秘話と心の葛藤を綴っています。挫折しそうなときに、助けてくれた仲間や上司、ひどく傷つけられた一言、逆に元気づけられた言葉など、若い女性の視点で赤裸々に体験談を語る全部実話の本格ドキュメンタリー。